JUGEMテーマ:美容室

 

 

世間ではお盆休みに入った模様ですね。

 

ゴルフのメジャー最終戦全米プロが始まりまして

2週連続優勝を狙う松山選手がまあまあのスタート

切ったみたいですね。

 

ぜひメジャー勝って欲しいですね。

 

 

今日は朝からお店に行くと・・・・・・

 

3つあったハイビスカス(赤)が盗難にあってました・・・

 

 

 

ほんまに誰が盗るんでしょうね??

 

ビックリですね、盗ったやつを飾って嬉しいものなんですかね?

ちょっと凹みましたが、まあ元気出して行きますよ。

 

 

で、お題の話しなんですが、よくね、長くお付き合い

させて頂いてるお客さまは、

「いつもと同じで」って言われますよね。

 

その時によくくめが考えるのは・・・・

前のスタイルから、どう見た目が変わらないように

した感じで、どう進化させていくか???

 

って感じの事を考えてます。

 

どういう事かと言いますと、本当に同じスタイルって

作ることは、ある意味簡単なんですよね。

あ、簡単やん、って言ってもクオリティーの問題で

そこが毎回違ったら常連のお客さまも増えませんからね。

 

でもね、お客さまって同じって言ってても、季節に

よってとか、少しだけの変化って言いにくいだけで

本当は少しは変えて欲しい!って思っていると

僕は思っているんですよね。

 

「今回は少し顔回りを軽くしましようか?」

「夏らしくいつもより少し短くしましょうか?」

「色も今回は少しオレンジっぽくしませんか?」

 

僕は、いつもこんな提案しています。

 

あくまでも僕の考えですが、よくお客さまが

「何にも言わなくても分かってくれてるから

任せられるねん」って言う方がいますが

 

それこそ、お客さまから言わないだけで、

少しずつの提案を言って、それが良かったから

お客さまが、言わなくてもいい状態を作って

いるんですよ。って事です。

 

同じで、って言われた時こそ、少しだけの提案で

フルモデルチェンジではなくて、マイナーチェンジ

をして行くと、そのお客さまとの信頼が上がって

行くんだと思います。

 

同じで、って言われた時こそ簡単に考えるんではなく

もっと喜んでもらえるチャンスかもしれませんね。

 

そんな事を思ったお盆の初日でした。

 

 

アウル美容室のホームページ

 

 

 

 

 

以上です!!!

 

 

 

コメント
コメントする